名古屋市でインストラクター、サポーター両校集会が開かれました。

令和元年6月22日(土)から2日間にわたって、名古屋市中村区の稲西ケアセンター「リカバリー健康教室」様の会場をお借りして、ふまねっと講習会がひらかれました。インストラクター講習会は16名、サポーター講習会は11名の受講生が集まりました。県外からは、兵庫県、岐阜県、三重県、静岡県からもご参加くださいました。会場をご提供下さった「リカバリー健康教室」の代表者である太田様は、「介護保険制度が始まって20年が経過するが、プロフェッショナルのケアが全国にひろがったことはとてもよかった。しかし、その一方で、家族やコミュニティーがおこなってきた、上手ではないが血の通った素人の介護やみのまわりの世話までプロフェッショナルが取り上げてしまったのではないか?という心配がある。私達は、何か住民の力でできることはないか?と探していたところ、地域住民でできる健康づくりを支援しているふまねっと運動を見つけた。それをこれから広げて行くことは、「通いの場」を強化しようとしている国策にもかなうことだ。」とごあいさつをくださいました。

サポーター養成講習会には、南知多町、美浜町、武豊町からサポーターの皆さんが応援にかけつけて下さいました。経験者が受講者の前でお手本と実践のヒントを紹介して下さいました。東邦大学の尚先生は、東邦大学で行っているふまねっと教室を、今回受講したサポーターの皆さんの今後の練習のために紹介してくださいました。認定NPO法人ふまねっとと東邦大学の連携事業を進めていきたいと考えております。

IMG_3849

地域の健康づくりに取り組むインストラクター講習会

IMG_3893

美浜町の先輩サポーターが応援に

広告

愛別町でサポーター養成講習会が開かれました

北海道上川管内の愛別町で、第1回目のふまねっとサポーター養成講習会が開催されました。受講者は16名。今後の愛別町内で、町内会、老人クラブでサロンを行い、健康づくり、町づくり、仲間づくりに力を発揮します。